静岡県内の創業・ベンチャー・中小企業を応援します。

電話でのお問い合せメールでのお問い合せ
文字サイズ
  • トップページ
  • 財団概要
  • 新着情報
  • 組織別支援
  • サイトマップ
新着情報
トップページ > 新着情報 > 【満席となりました】平成28年度ふじのくにCNFプロジェクト推進事業「第3回技術講演会」のお知らせ

【満席となりました】平成28年度ふじのくにCNFプロジェクト推進事業「第3回技術講演会」のお知らせ

更新日:2017.01.26

2月8日 お陰様で満席となりましたので、受付を締め切りさせて頂きます。多数のお申込みを頂きまして、ありがとうございました。

静岡県では、次世代素材として注目を集めている『セルロースナノファイバー(CNF)』による産業創出を図るため、「ふじのくにCNFフォーラム」を立ち上げ、CNFを利用した製品(用途)開発を支援するプロジェクトを推進しています。
本プロジェクトの一環として、信州大学カーボン科学研究所 特任教授 野口特任教授及び静岡県工業技術研究所の前田研究員をお招きし、下記のとおり技術講演会を開催します。

 
                記

1 日 時  平成29年2月14日(火) 13:30~15:15 (受付13:00~)
 
2 場 所  静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 502会議室(静岡市駿河区馬渕1-17-1)
 
3 講演会
① 「CNFエラストマーナノ複合材料の実用化開発・カーボンナノチューブと比較して」(13:40~14:40)
講師:信州大学カーボン科学研究所 特任教授 野口 徹 氏
内容
タイヤやシール材に用いられるゴム材料は、主にフィラーとしてカーボンブラック(油やガスを不完全燃焼させて得られる煤)による補強によって実用に供されている。この他、様々な紛体や繊維がフィラーとして用いられるが、ナノセルロース(セルロースナノファイバー)は、これらのフィラーを越える有力な素材であること見出したので、その複合材料の概要を説明する。

② 「県研究機関のCNFへの取り組み ~水溶性接着剤への応用~」 (14:45~15:15)
講師:静岡県工業技術研究所 工芸科 研究員 前田研司 氏
内容
家具・建築材料は勿論、様々な工業製品において、接着は重要な加工技術の一つです。CNFは、鋼鉄の5倍以上の強度を有するとされ、高性能な接着剤の開発が期待できます。県研究機関の取り組みとして、本年度からスタートしたCNFの接着剤利用の研究事例を紹介します。
 
3 参加費  無料
 
4 定 員  50名(先着順)
 
5 申込方法 下記申込書に必要事項を記入し、2月7日(火)までに、電子メール、FAXにてお申込みください。
※開催案内・申込書は、こちらから
 
6 その他  受講票は発行しませんので、当財団より連絡がない場合は、そのままご来場ください。
また、お車でご来場の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください。
 
7 お申込・お問合せ先 公益財団法人静岡県産業振興財団 企画・創業支援チーム(榛葉、森)
TEL:054-254-4511 / FAX:054-251-3024
E-mail:sougyou@ric-shizuoka.or.jp

新着情報

  • フーズ・サイエンスヒルズ
  • ファルマバレープロジェクト
  • 静岡県IoT活用研究会
  • 静岡県知的財産活用研究会
  • 学生による知的財産活用ビジネスアイデア大会
  • SPメディカルクラスター
  • 新成長産業戦略的育成事業
  • 夢起業 元気印企業検索
  • しずおか企業自慢
PAGETOP