静岡県内の創業・ベンチャー・中小企業を応援します。

電話でのお問い合せメールでのお問い合せ
文字サイズ
  • トップページ
  • 財団概要
  • 新着情報
  • 組織別支援
  • サイトマップ
トップページ > 静岡県知的財産活用研究会 > 「学生による知的財産活用ビジネスアイデア大会」

学生による知的財産活用ビジネスアイデア大会

1.目的

・産学官金の地域支援機関が連携した大学生による大手企業の開放特許を活用した斬新な商品アイデアの創出
・アイデアの商品化の実現と事業化による中小企業と地域活性化の促進



2.平成30年度 年間スケジュール(予定) 


5月6月~10月11月12月1~3月
キックオフ会アイデアのブラッシュアップ県大会(静岡)全国大会(東京)事業化



3.参加チームとアイデアの紹介

大学チーム名活用特許アイデア名概要
静岡大学ダンゴムシ 迷子検知システム位置情報の収集・管理・提供商業施設などで位置情報を送信する電子タグを顧客に貸し出す。企業は顧客の位置情報が得られる。顧客にはその一部を提供し迷子防止などに利用してもらう。また、位置情報を利用したイベントなども可能。 
KKラボ迷子検知システムまもタグ電子タグを装着した子どもの位置情報や移動時間を把握し、修学旅行等における自由行動時の安否確認行動分析が行えるもの。分析方法次第で販売店や観光地の回遊性調査にも活用することができる。
静岡県立大学OBA’sスマートクリップフードマネジメント購入した食品や食べかけの食品にクリップを付け、賞味期限をスマホアプリで設定することで外出時に家に何の食品があるのか、賞味期限がいつ切れるのか確認でき、食品の廃棄ロスや買いすぎを管理することができる。
チームいとこん迷子検知システム商店街宝探しゲーム商店街において親子を対象にしたゲーム。電子タグを店舗に設置し、参加者は端末を用いてヒントや位置情報を頼りにゴールとなる店舗を探す。参加者が商店街を歩き、個店を知るきっかけを提供する。
静岡文化芸術大学 夢人浜顧客の関心度情報収集システムおしらせくん駅やバス停にICタグをおき、利用者が待ち時間にピッとすることで、その地域の情報を知ることができ、その地域にポイントが加算され、今どんな地域が人気なのか、どんな人がその地域を訪れるのかを知ることができる。
 てん圧力を加えると情報を表示するカード ポイント加算カード地方オリジナル限定カードを融合させ、言語の壁をとりはらう訪日外国人向けのポイント加算カードを展開し、各地方のサービス提供を行う。
 研究室707カラーインジケーター消臭剤 おむつの相棒 介護の現場で活用することで、おむつの取り替えのタイミングを色の変化で知らせ、介護従事者の負担と臭いによるストレスを軽減できる大人用おむつ付属品。
常葉大学体験デザイン研究会温度センサー付き電子タグと
迷子検知システム
健康サポートサービス健康や運動に対して関心がある生活者に対して不安を取り除いて嬉しい体験を生み出すサービス。

平成29年度の概要

4.新着情報

2018年11月16日 第4回知財活用アイデアプレゼン大会を開催しました

 最優秀賞:静岡文化芸術大学 チーム名「研究室707」
      「おむつの相棒」
 優秀賞:静岡大学 チーム「KKラボ」
      「てく×タグ」
 優秀賞:静岡県立大学 チーム「いとこん」

      「fukurabe」

2018年05月29日 キックオフ会を開催し、学生に技術説明を行いました


5.特許技術

(関連サイトリンク http://opi.innovations-i.com/seeds/


①富士通(株)
 ・水没防止技術
 ・スマートクリップ技術
 ・スマートベビーメリー技術

②富士通セミコンダクター(株)
 ・圧力を加えると情報を表示するカード
 ・温度センサー付き電子タグ

 ・迷子検知システム
 ・顧客の関心度情報収集システム

③静岡県工業技術研究所
 ・ものがくっつきにくいコーティング
 ・取替え時が見てわかるカラーインジケーター消臭剤

6.支援機関

・浜松信用金庫
・静清信用金庫
・静岡県発明協会


事務局

静岡県産業振興財団 革新企業支援チーム 石山・兼子
TEL:054‐273‐4434  Email:chizai@ric-shizuoka.or.jp

PAGETOP